LOG IN

太郎との交換日記

by Vege Sato

四月に控えた小学校入学に備え、幼稚園に通っていない太郎が始めた準備の中の一つに、父との交換日記がある。昨年の12月から開始し、元日も香港滞在中も欠かさず、今のところ毎日続けている。

今日ちょうど大学ノートが一冊終わったので、その締めくくりとなった本日のやりとりを紹介してみることにした。

太郎の字はもちろん、僕の字も決して読みやすいとは言えないので、下記にタイプした原文を掲載し、元のノートは画像で当該ページを貼り付けておく。では以下参照。

<太郎>

1/27

きのうT3で

やったこ

とを

きょう

いえでやって

できるよう

になった。

<ベジ>

だれだって、はじめてやることは、

できないことがほとんど。だから、

できないことのほうが、むしろあたりまえ。

だけど、そのあとにどうするかがだいじ。

なぜなら、

だれだって、くりかえしやったことは、

できるようになることがほとんど。だから、

できちゃったことのほうが、むしろあたりまえ。

だけど、そのあともつづけられるかがだいじ。

なぜなら、

どこまでいっても、できないことは、

たろうのまえにでてくるのだから。

注)太郎の本文の冒頭にある「T3」とは、彼が通うサッカースクールの名前

補足すると、太郎は前回の投稿にもある通り、昨年の11月からサッカーの習い事を週に二回しており、今のところその全てを、僕も朋もまつも一緒に出向き、ただ見ている。

僕が自分に課しているテーマは二つあって、

「いかにコーチが提示したことを、家に持ち帰って復習させてやれるか」と、

「いかにコーチが提示していないことを、家で勝手に指示や指導しないか」だ。

もちろん家でも今日の日記にあるような、「できたー!」の喜びで終わるように心がけている。

OTHER SNAPS